家族の安全を確保したいなら平板載荷試験を行なうべき

信頼性高い地盤調査

工事現場

業者によって技術力に差

住宅の耐震強度は建築方法や構造によって決まるように考えられがちですが、土地の地盤強度も大きな影響を及ぼしています。どれだけ耐震性の高い建築方法を採用しても、地盤が軟弱だと地震の揺れが大きく伝わるため住宅へのダメージが大きくなるのです。そのため住宅を新築する際には、事前に土地の地盤強度を測定する地盤調査が欠かせません。調査の結果軟弱地盤と判明しても、改良工事を実施することによって克服は十分に可能です。地盤調査にはスウェーデン式サウンディング試験や表面波探査法・ボーリング調査など多くの方法がありますが、中でも地盤に直接荷重をかけて測定する平板載荷試験は信頼性の高い手法です。平板載荷試験は道路の舗装工事やプレハブ・擁壁を設置する際の地盤調査としても多く採用されています。地盤調査を行う業者の大半は平板載荷試験に対応していますが、実施方法は業者によって違いが見られ、技術力も業者間で差があります。平板載荷試験を実施する際にはまず基礎を設置する面まで地面を掘削し、直径300mm以上の鋼製円盤がその面に設置されます。ジャッキと支柱を使ってこの載荷板に重機で荷重をかけ、ダイヤルゲージ等で沈下量を測定していくのです。作業に当たって安全性が最優先されるのは言うまでもありませんが、その上で正確な地盤反力係数や極限支持力を求めるには高い技術力を要します。地盤調査を行う業者に平板載荷試験を依頼する場合は、できるだけ大きいサイズの載荷板が使える業者を選んだ方が有利です。平板載荷試験で測定できる地盤強度は、載荷板の直径の2倍程度の深さまでと言われています。技術力の確かな業者ほど平板載荷試験に際して大きいサイズの載荷板を設置できるため、正確な地盤強度の数値が得られるのです。大地震でも大きな被害を受けない安全な住宅は、このように事前の万全な地盤調査を実施した上で建てられています。