家族の安全を確保したいなら平板載荷試験を行なうべき

地盤の検査で安全を確認

作業者

数時間の測定で状態を確認

地盤の強度を調べるのに利用されているのが、平板載荷試験です。専門のサービスにこの平板載荷試験を依頼をすると、試験の前段階としてまずは簡単な確認作業が実施されるのが最近のスタイルです。平板載荷試験は、平らな場所で行うのが前提です。ですので、あらかじめ調査に最適な場所を探すなどの確認作業が発生します。調査場所の環境などを確認した上で、スタッフによって平板載荷試験のプランが立てられます。プランの内容と見積りの金額に問題がなければ、正式に平板載荷試験を依頼するということになります。現地まで専用の機材を運び込み、調査場所に設置をして試験開始となりますが、どのくらいの重さをかけるかはケースバイケースです。その場所に設置する建物の重さによって平板載荷試験の方法は変わるため、あらかじめ地面にかかる負荷を調べておく必要が出てきます。測定時間は、平均すると6時間から8時間前後です。前後の準備や片付けを含めると、最低でも1日から2日は要します。相談の際に具体的な平板載荷試験の日数も確認しておけば、他のスケジュールとの兼ね合いを見ながら作業を進めていくことが出来ます。試験終了後はサービス側から結果が書面で通知されますので、内容を判断して施工の際に活用をします。基本的に平板載荷試験は、作業が終わった後の費用の支払いになり、慌てて現金を用意しなくても済みます。通常は、見積りを元に相談をするプロセスが設けられています。