家族の安全を確保したいなら平板載荷試験を行なうべき

地盤の検査で安全を確認

建物を建てる時には、平板載荷試験で地盤の強さを調べることがあります。プロに依頼をすると、現地の確認、プランの設定などを経て作業が行われます。最初に見積りが提示されますが、料金の支払いは作業が終わった後です。平板載荷試験は、終了までに数時間かかります。

建物を建てる時の地盤調査

地盤調査

相場は1日1ヵ所で10万

建物を建てる場合は土地の強度がどのくらいかを調べ、もし弱い場合は補強工事をする必要があります。土地の強度を調べる方法が平板載荷試験です。平板載荷試験では載荷板を地面に設置させて荷重をかけます。載荷板が大きいほど正確に土地の強度を測ることができますが、標準は直径が30センチ以上となっています。専門の業者に平板載荷試験を依頼する場合は、土地の広さと水平に設置できる場所の確保が必要です。載荷板を地面に設置する場合、最低でも1.5メートルは水平に機械を置けないと正確な測定ができないのです。具体的には油圧ジャッキなどを組み立てて、載荷板を完全に水平に設置できるようにします。ですから雑草などが生えている場合は事前に刈っておくようにします。岩などがゴロゴロしている土地は片付けておきます。また依頼者は建物の設計図面を用意しておきます。図面に従って平板載荷試験が必要な箇所を業者は探すことができるのです。平板載荷試験を行う時の費用の相場は、1日1ヵ所の測定で10万円程度です。業者によっても違ってきますが、大体の目安です。広い土地で何カ所か平板載荷試験を行う場合は回数によって費用が嵩んできます。業者によっては1ヵ所ごとではなく、数カ所で費用が決まっている場合もあります。このような地盤調査は工場などの大きな建築物を建てる場合に行われますが、個人の住宅を建てる場合にも利用できます。依頼する時は複数の業者に見積もりをだしてもらって、費用を比べて選びます。

信頼性高い地盤調査

住宅の耐震強度を高めるためには、住宅自体の構造だけでなく地盤の強度も極めて重要です。住宅新築の際には事前に地盤調査を実施し、軟弱地盤と判明した場合は改良工事を行う必要があります。地盤調査の中でも平板載荷試験は基礎面に荷重を直接かける方法のため信頼性の高い方法ですが、業者間で技術力に差も見られます。

土地の地盤沈下を確かめる

平板載荷試験の業者選びは慎重に行います。平板載荷試験とは、高度な技術と長きに渡る経験と実績を必要とする原位置試験の一種です。創業年数が古く社内対応で、試験を行う近隣の土地を調査している業者を選べば、精密なデータが出されます。ネット上のサービスを利用できる業者であれば、より高度な結果が導き出されます。